· 

誰のための道路

「歩道は歩行者が優先」これは誰もが共通認識していると思います。自転車は原則的に車道を走らなくてはいけないし、歩道を走行する場合は徐行することが道路交通法でも求められています。

 

ところが、車道はどうでしょうか。「自転車が優先」なのでしょうか「自動車が優先」でしょうか。

 

自動車に比べて自転車の方が「交通弱者」になるので、交通事故が起きた場合などは自動車の方が過失割合が大きくなるのが通常です。

しかし、だからと言って自転車が常に優先であることにはならない事は理解しておいた方がいいと思います。

 

あと、最近増えてきた車道の「自転車走行ライン」。青色とかのやつです。あれは実は自転車優先を表すものではないのです。自転車の走るべき方向を表示したものであって、道路交通法の定めない表示なのだそうです。

 

そもそも道路(車道)は何のためにあるのかを考えると、「物や人を運んだりするために車両が通行するため」のものです。

 

純粋な移動手段として自転車を利用する方も多いですが、いわゆる「サイクリング」は「移動」が目的なのではなく、「走行する事」そのものが目的であることが多いと思います。

極端な言い方をすれば、「自転車という道具を使って道路で遊んでいる状態」なのだと思います(いっぽうで自動車という道具を使って遊んでいる人もいますが)。

 

だから「肩身が狭い存在」なのです。自動車からすると邪魔なんだろうなー、といった申し訳ない気持ちで乗っています。

狭い道で脇を抜かれても「幅寄せされた!」なんて思わないし、道を譲ってくれる自動車の運転手は仏様のように思えます。

時には悪意のある嫌がらせや危険な目に遭うこともあります。そんな時はさすがにムッとしますが、「私の走り方の何が気に障ったのか」を考えるようにします。

 

自動車に対して合図を出すときには「すんません」という謙虚な気持ちと、譲ってくれた時には「ありがとうございます」の感謝の気持ちを表現します。自身の安全のためにも「自動車のドライバーに嫌われない事」は重要です。

 

あと個人的にやめた方がいいと思うのが、自動車のスリップストリームに入ることです。確かに楽に走れて快適なのですが、多くのドライバーにとっては空気抵抗うんぬんなどの理解はないため、単純に「あおられている」と勘違いされます。特に普通乗用車に対してはやめた方がいいと思います。

 

ここまで書いて念のため言っておきますが、これは決して自転車に対して苦言を呈したいわけではありません。自転車乗りのイメージ向上のためにも、気持ちの持ちようについての個人的な考え方だと思ってください。

 

自転車も自動車もお互いをリスペクトして「みんなの道路」を譲り合って共存することが理想的なのではないでしょうか。