· 

チェーン交換

チェーンの交換時期について。

 

チェーンの寿命は見た目ではなかなか判断できないので、磨耗度合いを計測するチェーンチェッカーという工具があります。これを使えば交換すべきかどうか判断できるわけですが、通常はまず走行距離を目安にします。

 

リアスプロケットが6~9速だと5000~7000km、10~11速なら3000~5000kmくらい走行したらチェーンチェッカーで測定してみると良いでしょう。

全体の1%の伸びが発生していると要交換となります。

 

ただしこの目安は、チェーンのメンテナンス(洗浄・注油)を適切に行っている場合であり、汚れたチェーンやオイルの切れたチェーンを使い続ければ寿命は極端に早まります。逆に言うと、チェーンをいつもピカピカに綺麗な状態を維持している方は、チェーンの寿命が通常よりも長くなります。

チェーンが寿命を迎え、「伸びた」状態のとき、実際にチェーンの寸法が物理的に長くなっているのですが、プレートが引っ張られて飴みたいに伸びるわけではありません。

 

ローラーの回転によってブッシュの外側が磨耗して、ピンを支点とするチェーンのプレートの動きによってブッシュの内側が磨耗します。ブッシュの磨耗によってローラーのガタ(遊び)、インナーリンクとアウターリンクのガタ(遊び)が大きくなります。チェーンの連結部のガタ(遊び)が大きくなることでチェーンの寸法が長くなります。

 

また、伸びたチェーンによってギアの磨耗が早まります。ローラーの摩耗とローラーのガタによってローラー間の隙間が広がるため、ギアはその広がった隙間にフィットするように偏摩耗します。

 

 

下の画像は左(1枚目)が摩耗したチェーンリング、右(2枚目)は新品です。ギアのギザギザの谷間が広くなり、歯先が細く尖るように摩耗します。リアのスプロケットも同様ですが、通常はフロントチェーンリングがアルミ製で、リアスプロケットがスチール製なので、チェーンリングのほうが摩耗が進行しやすいです。

 

チェーンリングの歯が摩耗するとチェーンをつかむ力が弱まるので、踏み込んだ時にチェーンが外れるような症状が出ます。これがいわゆる「歯飛び」です。

 

 

チェーンリングやスプロケットを交換するよりも、チェーンを交換するほうがコストがかからないですので、寿命を迎える前にチェーンを交換することと、チェーンを長持ちさせるためのこまめなメンテナンスを心掛けましょう。

 

当店で交換する場合はチェーン代+工賃1000円(変速調整込み)となります。