· 

合格発表

明後日12月6日(金)は中小企業診断士2次筆記試験の合格発表です。

 

唐突に何のことだと思う方も多いと思いますが、実は私、昨年の春頃から「中小企業診断士」という資格を取得するための勉強をしておりました。今年の8月に行われた1次試験に無事通過し、最難関である2次筆記試験が10月下旬に行われました。

 

私が以前勤めていたショップを辞めて独立することを決意したのも、この資格の勉強がきっかけでした。

 

「中小企業診断士」という資格自体あまり聞き慣れないかもしれませんが、一応れっきとした国家資格です。わかりやすく言えば「経営コンサルタントの国家資格」ということになります。ただ、弁護士や会計士のように独占業務がないため、資格がなくとも経営コンサルタントは名乗れるし、中小企業診断士にしかできな業務があるわけではありません。

 

ではなぜそんな資格の勉強を始めたのかと言えば、単純に「面白そうだったから」です。中小企業診断士(以下、診断士)の勉強を始める前は、ひょんなきっかけで販売士1級の資格を勉強して取得したのですが、販売士で勉強した内容がほぼ丸々診断士の学習内容の一部に含まれており、販売士の延長線上に診断士があるようなイメージでした。診断士の資格の存在を知ったのも、販売士の勉強をしているときに調べ物をしていると診断士試験の情報が検索結果に出てくるためでした。

 

 

販売士では「小売業の類型」・「 マーチャンダイジング」・「ストアオペレーション」・「マーケティング」・「販売・経営管理」の5科目を受験します。

 

診断士では1次試験で「企業経営理論」・「運営管理」・「財務・会計」・「経済学・経済政策」・「経営情報システム」・「経営法務」・「中小企業経営・政策」7科目のマークシート方式、さらに2次試験で「組織(人事を含む)を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例」・「マーケティング・流通を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例」・「生産・技術を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例」・「財務・会計を中心とした経営の戦略及び管理に関する事例」の4科目の記述試験を受験します。

 

診断士の受験科目の多くに「経営」という単語が出てくるのがわかります。

販売士の試験でも経営に関する基本的な知識が問われるのですが、診断士ではこの経営に関する知識が最も重要で、他の科目のベースにもなります。

 

 

販売士で勉強した5科目は、診断士1次試験の「企業経営理論」と「運営管理」の試験範囲の一部に含まれています。なので、1から7科目勉強するのではなく、新たに5科目+αを勉強すれば済みます。それでも試験範囲はとても広いので、幅広く学習する必要があります。診断士の資格取得のために必要な勉強時間は約1300時間と言われています(因みに販売士1級は約100時間)。

どの科目も多くのビジネスパーソンにとって役立つ知識となりますので、幅広い知見を得られる診断士の資格は近年人気も高まって受験者数も増加しているようです。

 

ご興味のある方は、いきなり1次試験のテキスト7科目分を揃えるのはハードルが高いので、まずは「企業経営理論」から手に取ってみるといいと思います。最も基礎となる科目ですし、一番面白みがあると思います。

 

 

経営について学ぶうちに、自分でもやってみたいという思いが強まり、独立について考えるようになりました。普通だったら合格後に独立を考えるのが一般的ですが、職場の理解を得ることが難しかったことと、一発で合格を決めたかったということで、1次試験の前に退職して試験勉強に専念することにしました。

 

1次試験は学習量がものを言う(暗記が多い)試験なので、それなりに自信をもって挑めることができ、無事合格しました。

 

一方で2次試験は、公式な解答が公表されないこともあって、なかなかつかみどころがない試験です。多くの受験生は資格支援予備校などに通学したり、通信講座を利用してますが、私は1次試験2次試験共に独学を貫きました。

 

実際に2次試験を受験した手ごたえは、以前のブログでも書きましたが、「やっちまったな」という感じです。95%は不合格だと思っています。でも残りの5%の望みがなかなか捨てきれず、わずかな可能性につい期待してしまう自分もいます。

 

もし仮に合格していたら、今後のスケジュールがいろいろと変わってきます。臨時休業も増えて皆様にご迷惑をおかけすることになるかと思います。

不合格の場合は、また来年再チャレンジしますが、当面は何事もなかったかのように、と、まあ、いろいろとお察しください。

↑きっと合格!

と思った方はクリック